Web広告事業

どの広告が最適なのかを判断し広告主・メディア双方の収益化をお手伝い致します。

webtop0

企業が出す広告は、4媒体広告などのマスメディア広告から、インターネット広告などへ広告媒体の主流が移行してきており、一言でインターネット広告と言っても、様々な種類があります。

インターネット広告は、国内の広告市場規模ではテレビ広告に次いで2位の規模となっております。インターネット上のウェブサイトやソーシャルメディア、アプリやメールなどを用いており、高度なターゲティングや効果が期待でき、またリアルタイムで効率よく改善が行えるため費用対効果が非常に高いとされています。

スマートフォン広告

普及率が年々増え続け、利用時間が長く身近な存在になりつつあるスマートフォンのアプリ内やWEBサイト内へ広告を表示させる手法です。
このことにより、高い費用対効果が期待できる可能性があります。
クリック広告(広告をクリックした時に課金が発生する広告)、アフィリエイト広告(アプリのダウンロードやサイト内で会員登録や商品購入がされた時に課金が発生する広告)をはじめ、ニーズに合った広告をご提案致します。

アドネットワーク広告

アドネットワーク広告は、広告媒体のWebサイトを多数集めて「広告配信ネットワーク」を形成し、多数のWebサイトやブログ上で広告を配信する手法です。
多くのWEBサイトやブログを媒体とすることで、多種多様な配信が期待でき、また広告主はターゲットを行いたいユーザー等、配信カテゴリーを細かく選定する事が出来る為ピンポイントで配信する事が可能となり大きなメリットがあります。

ソーシャルメディア広告

今やビジネスでは欠かせない存在になりつつあるSNS。ソーシャルメディア広告は、ソーシャルメディアへ情報を広める仕組みを備えた手法です。
ツイッターやフェイスブック等の交流系、LINE等のメッセージ系。SNS上での行動データなどをもとに「興味を持つ人」や「好意・愛着をがある人」等のユーザーを細かくターゲティングする事が可能となっておりSNS独自のターゲティングに絞って広告を配信する手法です。
ソーシャルメディアと連携を行う事でより高い費用対効果を実現する事ができます。

私達は、状況に応じてどの広告が最適なのかを判断し、広告主様の出稿、メディア様の収益化の双方をお手伝いさせて頂きます。